スキンケアをする女性

シミを消したい!と思っている女性に愛用されているシミケアの「SIMIホワイト」!その効果や成分など詳しくご紹介します!

シミやそばかすができやすい体質がある!チェックしてみよう!

肌のシミやそばかすが気になる女性

肌のシミとは、色素が沈着して肌の色が一部変色する現象です。
肝斑(かんぱん)、炎症による色素沈着、紫外線によるシミなどを総合して「シミ」と呼んでいます。
そばかすは、シミより斑点が細かい特徴があります。
シミ・そばかすと体質や生活習慣の関係について解説します。
シミ・そばかすの原因は、紫外線だけではないのです。

シミやそばかすができやすい瘀血体質とは?

漢方医学における「瘀血(おけつ)」という体質を持っている人は、シミ・そばかすができやすいとされています。
瘀血とは、血の流れが悪い状態のことです。

西洋医学の循環器内科でも血流は重視されていて、例えばコレステロールが多くなって血液がドロドロになると動脈硬化や高血圧を引き起こします。

瘀血を引き起こすと、体にさまざまな症状が現れます。
初期は、顔や唇の色が悪くなったり、歯茎に異変を感じるようになったりします。
これは体の至る場所で酸欠状態と栄養不足が起きているからです。
さらに悪化すると全身の肌に艶がなくなります。
先に顔や全身の肌に瘀血の影響が現れるのは「見える」からです。

瘀血は体の内側にもダメージを与えていきます。
瘀血を放置した状態が長期化すると、関節痛や筋肉痛、頭痛、思考低下、物忘れなどが生じます。
イライラしやすくなるなど、気持ちや精神にも影響が出てきます。

さらに瘀血は、高血圧や脂質異常症、糖尿病に進んでしまうこともあります。
高血圧は脳梗塞や心筋梗塞といった「死の病」につながるので、瘀血には十分用心する必要があります。

そしてシミ・そばかすも瘀血の症状のひとつです。
これはとても重要なポイントなので覚えておいてください。

紫外線対策をしていてもシミ・そばかすが増える場合は瘀血を疑え!

シミ・そばかすといえば、紫外線に当たりすぎたことや加齢が原因と考えられることが多くあります。
そして、それは正しい知識なのですが、しかし瘀血でも生じるのです。
もし瘀血によってシミ・そばかすが生じていたら、いくら紫外線対策を強化しても改善しません。
瘀血は血の巡りが悪くなる状態なので、血行をよくする取り組みをすることでシミ・そばかすを改善できるかもしれません。

体質改善には食生活の見直しや運動不足解消を!

瘀血は体質とされています。
体質は遺伝によるものなので治しようがない、とあきらめないでください。
仮に遺伝の要素があっても、生活習慣を改善することによって体質による悪影響を緩和できるかもしれないからです。

青魚、玉ねぎ、キノコを意識的に摂ろう

瘀血を改善するには、まずは食生活を見直しましょう。
漢方医学の専門家がすすめる「瘀血の人によい食材」の代表は、青魚です。
青魚に多く含まれているドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)には血液をサラサラにする効果があるので、瘀血によってドロドロになった血液を元に戻すことが期待できます。

また、やはり血液サラサラ効果が期待できる玉ねぎも、瘀血対策によいとされています。
野菜ではそのほかに、ホウレンソウ、トマト、ネギ、青シソも推奨されています。
そして、大豆やキノコ類も多く摂ってください。

とりあえず歩こう

瘀血対策につながる生活習慣改善策その2は運動です。
瘀血を起こす人は運動嫌いな人が多いため「適度な運動をしましょう」と推奨しても、なかなか取り組んでもらえません。

そこで提案したいのが、ウォーキングです。
つまり歩くだけです。
これなら「運動をしている感じ」が出ないので、無理なく始められるのではないでしょうか。

1日1万歩が理想ですが、すぐに達成することは難しいので、少しずつ歩数を増やしていきましょう。
最近は万歩計の機能を持つスマホアプリがあるので、試してみてください。
会社員の方は、電車やバスに乗る区間を短くすることで歩く距離を稼ぐことができます。

入浴とマッサージなら無理なく始められる

瘀血対策をもうひとつ紹介します。
それはぬるめのお湯の入浴と、マッサージです。
いずれも血行をよくする効果があります。
しかも、野菜嫌いの人や運動嫌いの人は多くても、入浴やマッサージを嫌う人は少ないでしょう。
無理なく瘀血対策に取り組みたい人は、温泉施設に行ってマッサージを受けてみてはいかがでしょうか。

シミ・そばかす対策と健康づくりは同時に行える

シミ・そばかす対策としての瘀血対策を紹介してきましたが、これらはすべて健康づくりの基本でもあります。
なぜならシミ・そばかすは、不健康のサインになっていることがあるのです。

シミ・そばかすが増えてきたら化粧品で隠すだけでなく、食事、運動、入浴、マッサージで根本的に解決する道を探ってみてください。

SIMIホワイトに関するお問い合わせはこちらから

必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ内容