スキンケアをする女性

シミを消したい!と思っている女性に愛用されているシミケアの「SIMIホワイト」!その効果や成分など詳しくご紹介します!

シミを完全に消すならレーザー治療が必要!でもデメリットやリスクはある!

レーザー治療の治療室のイメージ

飲むだけで肌のシミ改善効果が期待できる薬「SIMIホワイト」をおすすめするのは、この製品が第3類医薬品だからです。
このように説明すると「第3類医薬品は医療用の薬のなかでは最も効果がマイルドなものなのではないか」と疑問に思う人もいるでしょう。

さらに「シミを徹底的に消したいので、マイルドな方法ではなく確実な方法を試したい」と考えている人もいるでしょう。
現代の医療技術のなかで最も確実にシミを解消できるのはレーザー治療です。

しかし、それでもなお、SIMIホワイトのほうをおすすめします。
それは、第3類医薬品だからこそのメリットがあるからです。
そして、肌のシミを取るためのレーザー治療にはデメリットがあるからです。

シミを唯一完全かつ綺麗に消すことができるのはレーザー治療だけ

シミを唯一完全に、かつ綺麗に消すことができる治療法は、レーザー治療です。
レーザーというと「焼く」「切る」というイメージがありますが、なぜこの技術で肌のシミが消えるのでしょうか。

シミが発生するのは、紫外線や摩擦などの外界の刺激が肌に蓄積するからです。
刺激を受けた肌は、メラニン細胞(メラノサイト)をつくります。
メラニン細胞は色素細胞と呼ばれるくらいですので、色がついています。
メラニン細胞は正常細胞と異なり、皮膚の新陳代謝やターンオーバーによって除去されません。
それで皮膚にメラニン細胞が次々蓄積されていってしまうわけです。
これがくすみとなり、それがやがてはっきりした黒系の色を持つようになり、シミをつくるのです。

肌のシミ治療に使うレーザーも、原理は金属を切るレーザーと同じです。
しかし、シミ治療で使うレーザーの力は、工業用のレーザーに比べてはるかに微弱です。
どれほど弱いかというと、人の肌に照射しても火傷(やけど)を生じさせないほど微弱です。

シミにレーザーを当てるとメラニン細胞だけが破壊されるので、メラニン細胞が持っていた色が取れます。

トラブル回避のためレーザー治療のデメリットやリスクは知っておこう!

肌のシミのレーザー治療を受けても、確かに火傷を生じることはありませんが、かさぶたができることがあります。
かさぶたが落ちてもレーザー治療から1カ月くらいは肌に赤みが残ります。
いくら微弱といってもレーザーは自然界では発生しないものなので、治療用レーザーでも「それなりのパワー」は持っています。

したがって治療のときは、施術者はレーザーをシミができているメラニン細胞に照射しますが、極力正常細胞には当てないようにします。
なぜなら「レーザーは正常細胞には当てないほうがよいから」です。
レーザーは体によいものではありません。

また、レーザー治療は多額の費用がかかります。
レーザー治療は医療行為なので、医療機関でしか受けることができません。
しかも健康保険などの公的医療保険は使えないで、患者さんが治療費を全額負担しなければなりません。
皮膚科クリニックによっては、小さなシミ1つの治療で5,000円くらい請求することもあります。
顔全体となると4万~6万円ほどになることも珍しくありません。

この記事で第3類医薬品のSIMIホワイトをおすすめするのは、この薬の主成分がL-システインとビタミンCだからです。

L-システインはあまり聞き慣れない成分かもしれませんが、これは皮膚や髪の毛や爪に含まれているアミノ酸の一種です。
L-システインはメラニン細胞の発生を抑え、新陳代謝を促す効果があります。
新陳代謝が促されると肌のターンオーバーが活性化するので、新しい綺麗な皮膚が生まれやすくなります。
またビタミンCは重要な栄養素ですし、体の老化を防ぐ抗酸化作用があります。
肌の異常は老化によるところも大きいので、ビタミンCは美白化に貢献することができます。

つまり、SIMIホワイトの2大主成分はいずれも体によいものであり、肌にトラブルがなくても積極的に摂取したいものです。
これは、できれば体に当てないほうがよいレーザーと大きく異なる点です。
もちろんSIMIホワイトは医薬品なので副作用はあります。

しかし、SIMIホワイトは第3類の医薬品なので、医療用の薬のなかでは最も副作用が小さく安全に服用できます。
もちろんレーザー治療が「危険」なわけではありません。
技術を持った皮膚科医が施術すれば、安全かつ有効にシミを治療できます。
しかし、シミがそれほど悪化していなければ、まずはSIMIホワイトを試してみてはいかがでしょうか。
SIMIホワイトでシミが改善すれば、レーザー治療のデメリットを受ける必要がないからです。

SIMIホワイトに関するお問い合わせはこちらから

必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ内容