スキンケアをする女性

シミを消したい!と思っている女性に愛用されているシミケアの「SIMIホワイト」!その効果や成分など詳しくご紹介します!

第3類医薬品のSIMIホワイトは通常のサプリメントより効果がある

サプリメント

「SIMIホワイト」を製造・販売しているビバリーグレンラボラトリーズ株式会社(本社・東京都港区)は、この薬を「飲むだけで日焼け対策をして、シミが薄くなる」とPRしています。

ここまで明確に効果をPRできるのは、SIMIホワイトが第3類医薬品だからです。
サプリメントのなかには「肌によい効果が出るかのような表現」を使ってPRしている製品もあります。
しかし、決して「このサプリを飲めば肌によい効果が出ます」とは書いていません。
サプリは、法律上は医療用の薬ではなく食品や医薬部外品に分類されるからです。

SIMIホワイトは、第3類医薬品として「シミ、そばかす、日焼け、かぶれなどによる色素沈着」の効果が実証されているので、「飲むだけで日焼け対策をして、シミが薄くなる」と堂々と訴えることができるのです。

医薬部外品のサプリメントではシミの改善はできない!

サプリは食品に分類されるもののほかに、医薬部外品に分類されるものもあります。
例えば、ビタミンCのサプリがありますが、ビタミンCはレモンなどの食品でも摂ることができます。
しかし、ビタミンCをそのまま摂取しても効果が出にくいので、効果が出るように加工したサプリもあります。
医薬部外品とは、医薬品と食品の間に位置する製品です。

ビタミンCには「美白効果がある」と一般的に考えられていますが、食品でも医学部外品でも、サプリの状態では高い効果は期待できません。

サプリと医薬品では役割が違う

しかし、そうだからといって、「サプリを飲む意味がない」ということにはなりません。
サプリと医薬品では、役割が違うのです。

  • サプリは補うもの
  • 医薬品は治すもの

例えば、野菜不足や鉄分不足を感じている人は、ビタミンサプリや鉄分サプリを飲んで体に必要なビタミンや鉄分を確保することができます。
サプリは健康を維持するために飲んだり、病気になりにくい体をつくるために飲んだりします。
健康のために肉や炭水化物の摂取量を減らして野菜を多く食べるのと同じ発想です。
しかし、医薬品は、健康が崩れたり、病気になったりしたときに飲みます。
そして、医薬品を飲む目的は、健康を取り戻したり、病気を治したりすることです。

したがって、ビタミンCなどのサプリは、美肌をキープできている人がその美しさを維持するために使うと効果的です。
一方で医薬品のSIMIホワイトは、肌にシミが発生したりくすんだりしている人や、紫外線を受け続けて肌にダメージを負った人が、美肌を取り戻そうとするときに飲むと効果が期待できます。

サプリには、シミやくすみや紫外線のダメージを治す力はありません。
あくまでシミを作られにくくする体質作りに活用できると覚えておきましょう。

第1類、第2類医薬品との違いは副作用やリスクがほとんどないこと

SIMIホワイトは医薬品のなかでも第3類というグループに属します。
医薬品には効果が高い順から「医療用医薬品、要指導医薬品、一般用医薬品」の3種類があります。
第3類医薬品は一般用医薬品に入ります。

医療用医薬品・要指導医薬品・一般用医薬品にわかれる

医療用医薬品は処方薬とも呼ばれ、医師が患者さんの病状を診断したうえで処方せんを発行しないと使うことができない薬です。
薬としての効果が最も高いのですが、その分副作用が強い欠点があります。

要指導医薬品は、最近に医療用医薬品から一般用医薬品になったばかりの薬です。
医師の処方せんは不要ですが、患者さんは薬剤師の説明を聞かなければ購入することができません。
インターネットでは購入できません。

一般用医薬品には第1、2、3類がある

一般用医薬品はインターネットや通販などで購入できます。
さらに一般用医薬品には第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の3種類があります。

SIMIホワイトが属する第3類医薬品は、医薬品のなかでは効果の出方が最もマイルドなのですが、シミを薄くする目的で使用する薬としてはそのほうが都合がよいのです。
それは、第3類医薬品は、医薬品のなかで副作用が最も小さいからです。

美白効果が鮮明に現れても、副作用によって健康が害されたら「本末転倒」です。
シミ対策は、効果を追求しながらも、健康を保持できることが絶対条件です。

したがってSIMIホワイトが、シミ対策になる効果を得ながら副作用のリスクを最小限にできる第3類医薬品であることは、とても合理的なのです。

SIMIホワイトに関するお問い合わせはこちらから

必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ内容